法律トラブルが起こった場合に頼れる専門家

日常生活の中には様々なトラブルが潜んでいますが、その中のひとつとして知られているのが法律トラブルです。
例えば交通事故での慰謝料や責任関係のトラブルのように突然襲ってくるものもあれば、借金によるトラブルや相続関係などある程度予測できていても避けられない問題もあります。このような問題は当事者同士だけでは解決できないものも多く、場合によっては事態が泥沼化してしまうケースも少なくありません。
そのため、法律トラブルが起きてしまった場合には素人同士で解決するよりも弁護士や税理士などの専門家に相談することがおすすめされています。専門家であれば適切なアドバイスをもらえますし、場合によっては手続きや対応を代行してもらえるのでスムーズにトラブルを解決できるのです。

弁護士や税理士に依頼すべきトラブル

ジャッジガベルと天秤
no.1

債務整理や任意整理などの借金トラブル

カードローンや投資などお金を借りるという行為が手軽にできるようになったからこそ需要が高まってきたのが、債務整理や任意整理など借金に関連した依頼です。
債務整理や任意整理などの手続きは自分たちでもできますが手間や時間がかかってしまうほか、手続きの内容や記入する書類が複雑であるという問題があります。また借金を返済する相手との交渉も必要になってくるので、素人が相手だと交渉に応じてくれない悪質な業者も少なくありません。このような点から、自分たちで行うよりも弁護士や税理士に依頼した方がスムーズに解決できる案件となっているのです。

no.2

交通事故によるトラブル

当事者同士での解決が最も難しいと言われているのが、交通事故に関係したトラブルです。
交通事故は法律に関係する問題だけではなく医療的な問題も発生するため、慰謝料に関するトラブルや責任問題、訴訟問題など数多くのトラブルのリスクがあります。しかも被害者だけではなく加害者側も思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、交通事故が発生した時点で早期に相談または依頼をした方がいいと言われています。
ちなみに交通事故案件は一般的に弁護士に相談するケースが多いのですが、慰謝料に関する問題や休業など税務に関するトラブルは税理士に依頼することがおすすめです。

no.3

相続に関係するトラブル

法律トラブルはお金が絡んでくると複雑な問題になりやすいと言われていて、その中でも厄介なのが相続に関係するトラブルです。こちらはお金に絡んだ話のほかにも人間関係のトラブルも関わってくるため、当事者同士で解決しようとしても泥沼状態になってしまうケースが少なくありません。
また相続トラブルを予防するための遺書の作成に関する悩みやトラブルもあるため、問題が起きる前に弁護士や税理士などの専門家に依頼して対処する必要があります。第三者に専門家をはさむことでトラブルを未然に防ぐことができますし、トラブルが起きたとしても法的にスムーズな解決が期待できるのです。

無料相談を活用しよう

法律トラブルは身近なところから起きるケースが多いにもかかわらず、どこか相談しにくいイメージを持っている人もいます。また問題やトラブルが法律で解決できるものなのかわからない、誰に相談すればいいのかわからないという人も少なくありません。ほかにもいきなりお金をかけて依頼することに躊躇するという人もいるようです。
このような場合に利用されているのが無料相談で、条件はあるものの無料で専門家に悩みや問題を相談することができます。無料相談は様々なところで開催されているので、そちらを活用して法律トラブルを解決してくれる自分に合った専門家を探すことがおすすめです。

弁護士と税理士の違い

弁護士は法律の専門家

弁護士は法律の専門家であり、訴訟などの法律関係の手続きや代理人となってトラブルや問題を解決していきます。
その業務内容としては代理人として交渉や調停を行ってくれるのはもちろん、裁判や訴訟を起こされた場合にも手続きの代行や代理人としての役割を果たしてくれます。このためほかの専門家の仕事も請け負ってもらえるという法律トラブルのプロフェッショナルとして考えられていて、幅広い法律トラブルに対応してもらえるのです。

税理士は税務に関する専門家

対して税理士は税務全般に関する業務を請け負ってくれる専門家であり、法律トラブルの中でも税金に関する手続きや書類作成を担当しています。そのため一般的には相続関係で依頼を受けることが多いと言われていますが、それ以外にも税金が関係する問題や書類作成を代行してもらえるところが特徴です。
弁護士との大きな違いは、裁判や交渉、調停などの紛争になった際の代理人としての役割が果たせないという点です。そのような状態になった場合には税理士は手出しできないというデメリットがあるので、ほかの専門家に依頼する必要があります。

弁護士や税理士は困った人の味方!だからこそ相談しておこう

LAW

任意整理や債務整理を依頼する際に知っておきたい事

債務整理や任意整理は弁護士や税理士に依頼することによって解決することができる法律トラブルの一つですが、注意点として弁護士にできる仕事と税理士にできる仕事が異なっている点が挙げられています。
基本的な部分はどちらでも対応することができるのですが、交渉や裁判に発展した場合や裁判所を通じた手続きをする場合は税理士は代理業務を行えません。このため依頼する際にはどこまで依頼することができるのか、対応してもらえる範囲を理解した上でどちらに相談するのか考えなければいけないのです。

広告募集中