HOME>Column>専門家に任せて時短申請!建築業許可の申請はプロ依頼がおすすめ

専門家に任せて時短申請!建築業許可の申請はプロ依頼がおすすめ

ジャッジガベルと天秤

建築業許可申請を依頼しよう

建築業許可とは、一般的に建設業許可といわれることが多いですが、いわゆる建物を造る際に建築をするものが必要となる許可証です。法人、個人にかかわらず必ず必要となります。(一部例外を除く。)建築業許可申請は個人で申し込むことも可能ですが、必要な書類、手続きが非常に多く、最低でも2か月はかかるといわれています。そんなことも、すべて代行していただくことが可能です。行政書士といわれる方々に依頼をすることになります。法人、個人でしか用意できない書類もあるかと思いますが、基本的にはほぼすべての書類の用意から手続きまでを代行していただくことが可能です。ネットなどで検索をしてみますと、様々な代行の行政書士事務所が出てくるかと思います。それぞれの事業者様の地域や、希望する内容に合わせて申し込みをすると良いのではないでしょうか。代行依頼をしますと早くて1週間、長くても1か月で手続きができますよ。

弁護士

手続きの費用相場について

建築業許可申請にかかる費用ですが、個人で行った場合は、申請手数料等の9〜15万円や証明書の取得にかかる費用などがあります。代行を行う際はさらに依頼の報酬費用として申請手数料と同程度の額が必要となります。しかし代行費用に関してはピンキリで、安いところでは5万円ほどから、高額となると20万円ほど必要になる場合があります。ほぼすべての代行業者様が、相談や見積もりは無料となっているので、いくつか候補の業者に見積もりを出して選んで依頼をするというのがベターかもしれません。なぜ安いのか、なぜ高いのかを見極め、自分の会社に必要としているものが何かを再認識する必要もありそうです。ちなみに建築業許可には5年ごとに更新が必要で、今後の5年10年の更新手続きの分もセットで行ってくれている業者もあるようです。

広告募集中