HOME>オススメ情報>自己破産など弁護士に相談する場合にあらかじめ確認しておきたいこと

弁護士に相談してスムーズにトラブル解決!

日常生活で法律的なトラブルになったらどうしますか。相談できる弁護士が、身近にいれば心強いですね。でも弁護士事務所に行くのに敷居が高いと感じてる人もいるでしょう。その時は法テラスという公的なサービスもあります。電話での無料相談や弁護士紹介もしています。

個人再生と自己破産の違い

個人再生とは何ですか

裁判所で再生計画が認可されると、債務(借金)をおよそ5分の1に減額できます。保証人になっていない限り、家族に迷惑はかかりません。条件を満たせば住宅を手放さなくて済みます。

自己破産とは何ですか

裁判所で支払不可能が認められ、債務(借金)の免責が許可されると支払義務はなくなります。税金は免責の対象でないです。裁判所で定める基準を超えない財産は(およそ20万円以下の預貯金)残せます。

自己破産など弁護士に相談する場合にあらかじめ確認しておきたいこと

法律書

弁護士の依頼費用について

日本弁護士連合会(日弁連)は弁護士の報酬(費用)に関する規定をしています。各弁護士事務所が、全体的な相場を勘案して決めています。費用は主に、相談料・着手金・報酬金(成功型)です。その他に経済的利益・手数料・日当がかかるようです(依頼内容によって変わる)。着手金とは結果に関係なく最初に支払うお金です。納得のできない結果でも、一切お金は返ってきません。報酬金とは、依頼内容が満足できる結果で終了したら支払うお金です。経済的利益とは報酬金に上乗せされるお金のことです。

弁護士相談に多く寄せられるトラブルとは

男性弁護士

離婚の法律問題

離婚問題は夫や妻の暴力が苦痛で早く離婚したい。相手側が浮気・不倫したから慰謝料を請求したい。子供がいるので親権は私が獲得したいと様々なケースがあります。

借金問題

多くの金融業者から過払い金(利息を多く払っている)も取り戻す手続きをしてます。自己破産・個人再生(民事再生)・任意整理もできます。

医療過誤

医療ミスといわれる過失のあるものは、事故ではありません。医療に詳しい専門弁護士に相談するのが良いです。

交通事故

交通事故で物損事故の場合、保険会社の代理人が示談交渉に応じるケースがほとんどです。人身事故で保険会社の提示金額に不満な時、弁護士に依頼するようです。

広告募集中